原発問題をどうすべきか

東日本大震災の原発事故以来、原発を存続させるのか廃止するのか議論されていますよね。

安倍内閣の成立により、原発は現状維持という方向性で一旦終息に向かったと思われたのですが、また最近原発問題がかなり盛り上がっていますね。

仕掛け人は小泉純一郎氏なのですが、やはり彼の影響力は凄いですね。

元首相にも関わらず、発言力の高さは異常です。

原発を維持するという結論を出そうが原発を廃止するという結論をだそうが私はどちらでも良いというのが本音です。

大切なことは原発推進派と原発反対派が激しく議論することです。

議論をすることで問題点が抽出されるからです。

議論をしなければ放置しては絶対にいけない問題点が抽出されないで放置されてしまいます。

お互い主張を出して議論をしあって問題点をピックアップする。

そしてその問題点をお互いが解消していく。

この過程が私は非常に重要だと思っています。

猪瀬知事が辞任して東京都の都知事選で原発問題が取り上げられています。

都知事選でこの問題を取り上げるというのは若干ピントがずれているのかもしれませんが、日本国民が原発の事を今一度再考するという意味では良い機会なのかもしれませんね。

原発問題は国を左右する大きな問題であることは間違いありません。

だからこそ肯定派と否定派で積極的に議論を進めてほしいですね。

何が正しいとか何が正しくないかという短絡的な思考ではなくてお互いの意見を尊重してより良い環境作りが出来れば私は満足です。

どっちつかずの奴だなと思われそうですが、原発のメリットも感じているし原発の危険性も感じているのでそのような回答になってしまうんです。

どこかで私も賛成派若しくは反対派になるのかもしれません。

ただ現状では判断材料が少ないのでどちらともいえないというのが正直な気持ちです。