無職がキャッシング審査に通過するには

キャッシングは原則として収入がない方には融資はしません。
必要とされる収入のレベルは各社の基準によって変わるので、一概にどのくらいと言い切ることもできないのですが、少なくとも毎月定期的な収入があることが求められます。
また、借入れの契約をする場合、通常は正社員などの安定した雇用形態がいいとされていますが、キャッシングではアルバイトなどでもOKとしています。
よって、他の融資商品もよりも借りやすいのは事実です。
上記を踏まえて考えると、無職の人は申し込みすらできないということになりますが、ただし例外もあります。
無職といっても失業中や専業主婦など働いていないので収入がない方の他にも、労働はしていないけど、家賃収入を得ている方や投資で儲けている方もいます。
このような不労所得を得ている場合は、それを収入として見なすことが可能となっているのです。
また、金融会社の中には年金を収入としている会社もあります。
そのため、何が収入として判断してもらえるのかは各社に問い合わせて確認してみた方がいいでしょう。
人によっては無職であってもキャッシング申し込みが可能になり、審査にも問題なく通過でき、借入れができるようになる可能性もあります。
ただ、不労所得には収入としての安定性はあまりありません。
正社員のように毎月決まった給料がもらえるわけではないので、それを考慮すると審査が少々厳しめになってしまう点は否めないでしょう。