毛布の正しい使い方とは

最近テレビやネットを賑わせているのが「毛布の使い方」です。

は?毛布の使い方?
そんなの知ってる!

…と思いますよね?

ではその使い方とは、どんなものでしょうか?

おそらく、掛布団の下に敷く…つまり、自分と掛布団の間に毛布を挟める使い方ではないでしょうか?

…実はその方法って違うんです。
但し、掛布団が羽毛布団の場合ですが。

正しい使い方は、掛布団の上に毛布を敷くという使い方です。

え?本当?
と思いませんでしたか?

実はこうすることで保温効果が全然変わってくるんです。

実際に私もこれまで毛布の使い方を間違っていて、
掛布団の上に毛布を敷いてみましたが、
保温効果が全然違いました…。

結構これは衝撃の事実でした。

小さい頃から毛布は掛布団の下にしていたので、
これまでの常識が覆された瞬間でしたね。

まだ疑っている方は今日寝る時から試してみて下さい。
布団てこんなに暖かいものなんだ…と思うはずですよ。

この「毛布の正しい使い方」については、
テレビやネット、ツイッターなどで今話題となっていて、
なんで今まで知らなかったんだ、間違っていたという人が続出しているんです。

先ほども言いましたが、
私も間違って使っていた一人であります…。

これからの寒い冬、この情報を知っているか知らないかは大きな違いだと思います。もしもこのブログで毛布の正しい使い方を知ったという方はラッキーだと思って下さい!

これで暖房費も節約出来ると思いますよ!

それでもまだ疑う人はネットで毛布の使い方などで検索してみて下さい。

多くの情報が出てくると思います。
何せ今最もトレンドな情報ですからね!

そして、きっとこの情報を誰かに言いたくなるでしょうね。

なんだか都市伝説みたいになっていますが、
これは本当の話です。