収入が少ないときは消費者金融系カードローン

カードローンの利用にはいくつか条件があります。
中で安定した収入があるかどうかは、どの会社でも絶対条件になっています。
個人の信用によって貸付が行われるサービスなので、これは致し方ないことでしょう。
会社側も利益を出さなければなりませんから、返済能力の有無は死活問題なのです。
安定した収入というと普通は正社員が想像されます。
しかし、正社員でなければ融資を受けられないのかと言えば、そういうわけでもありません。
たとえ給料が多くなくても、毎月ある程度安定した収入さえ見込めれば返済能力に問題はないと判断されるのです。
ですから、正社員かどうか以上に、勤続状況によって融資可能かどうかの判断がなされることになります。
つまり、一つの勤務先で長く働いているような方であれば、審査の際には有利になるというわけです。
もし、まだ仕事を始めたばかりという方であれば、半年から1年程度は勤続してから申し込んだほうが融資を受けやすくなるでしょう。
もちろん、銀行のカードローンでない限りは、総量規制の対象になってしまうので、年収の3分の1を超える借入は法律によって制限されてしまいます。
たとえば、年収が90万円の方なら、30万円までしか借入をすることができません。
それでも、消費者金融系カードローンであれば、銀行よりも審査の基準が緩くなっているので、審査に通って融資を受けることが可能です。消費者金融系カードローンの情報なら
たとえ金額が少なくなっても、融資を受けられることが最も大切でしょう。