住宅ローンの借り換えについて

「うちは、今より金利が高い時代に固定金利で住宅ローンを組んじゃったんだよな・・・今の超低金利がうらやましい!」

そんな悩みを持っている人は、この超低金利時代のうちに、住宅ローンの借り換えをしてみてはいかがでしょう?

とはいえ、「今は金利が低いから、過去のどんな住宅ローンであっても借り換えした方がお得」とは限りません。

なぜなら、住宅ローンの借り換え時には、諸費用が必要だからです。

まずは、新しく借り換える住宅ローンの保証料。
今借りている住宅ローンの保証料は一部戻ってきますが、それだけでは足りないので追加でいくらか負担することになります。

そして一番負担が大きいのが、登記費用。
今の借入先から抵当を外して、新しい借入先に抵当をつけるという手続きが必要になります。
この費用はだいたい10~30万円ぐらいを見ておく必要がありますね。

で、これら保証料や登記費用の負担を考えても、借り換えした方がお得になるだろうと考えられるのはどんなケースかというと・・・

①残りの返済期間が10年以上ある。
②ローン残高は500万円を超えている。
③今の金利よりも、借り換え後の金利の方が1%以上低い。

この3条件すべてが揃っていれば、借り換えした方がお得になる可能性大。

ですがどれかひとつでも条件から外れていたら、借り換えした方が損になる可能性もあります。
金融機関に借り換えシミュレーションなどをしてもらって、しっかりと比較した上で判断しましょう。