一定割合の所得税を控除してもらえる「住宅ローン減税」を受ける

住宅ローンを借りて、住宅の購入などをした場合、住宅ローンの残高に応じて、一定割合の所得税を控除してもらえる「住宅ローン減税」を受けることができます。

たとえば、平成23年に住宅を購入すると、住宅ローンの残高4000万円までの部分については、一般住宅なら住宅ローン残高の1%の所得控除を、10年間受けることができます。

つまりこういうわけですね。
平成23年の一般住宅購入者の場合、住宅ローンの残高が4000万円の人は、40万円の所得控除。
残高が2000万円なら、20万円の所得控除。
そして残高が5000万円の場合、4000万円を超える部分は控除対象にならないので、所得控除額は40万円となります。

ちなみにこの住宅ローン減税が適用される住宅ローン残高の限度額は、平成24年なら3000万円、平成25年なら2000万円と減額される予定となっています。

長期優良住宅として認定を受けた住宅であれば、控除率や限度額が一般住宅よりも優遇されますが、それでも年々減税の規模が縮小することには変わりありません。

「住宅ローン減税の限度額が減らないうちに早めに買おう」とまでは言いませんが、実際今は史上まれに見る超低金利時代ですし・・・ひとつの「買い時」であることは、間違いないと思いますよ。