住宅ローンの「団体信用生命保険」って?

住宅ローンは返済期間が長いですから、いやな話ですが住宅ローンを借りた人について「もしもの事態」が起こらないとも限りませんよね。

住宅ローンの借り手が死亡したり、重度の障害でどうしても働くことが不可能になった場合、返済は難しくなりますし、それに対して「この家はローンの担保なんだからもらっていくよ」というのはあまりにも厳しいです。

ですから、そうした「もしもの事態」があった場合にも対応できるよう、生命保険をかけておこうというのが「団体信用生命保険(団信)」です。

この団信があれば、借り手の死亡など「もしもの事態」が起こっても、住宅ローンの残高は生命保険金で支払ってもらうことができるので、家を手放さなくてすむというわけです。

さて、気になるのが団信の保険料ですが、フラット35以外の住宅ローンでは、これは強制加入が基本となっており、この保険料は住宅ローンの金利に含まれているケースがほとんどです。

ですから「団信の掛け金を別途用意しないといけない」という心配はしなくていいですよ!(※フラット35の場合、団信は任意加入なので別途保険料負担が必要です)

あと、住宅ローンを借りる際は、必ずといっていいほど火災保険への加入も勧められます。
火災保険は保険会社によって保障内容や保険料にかなり差があるので、複数の火災保険を比較検討してみましょう!